インプラントの普及

インプラントの専門医院

インプラントとは何か

インプラントとは、あごに埋め込む歯のことを言います。入れ歯とは違い、まず人工の歯根を骨に埋め込んでから、その上に人工歯をかぶせます。ですから、普通の歯科医療だけの範囲ではなく、大々的な外科手術を施すことになります。入れ歯や差し歯などで、歯の機能を保てないときに良い方法だとされています。ただし、外科手術に関しても自由診療のため高額な費用がかかると共に、メンテナンスも長期間必要になります。歴史的にも浅いインプラントは、現在日本でようやく普及し始めたものですから、まだポピュラーな診療とは言えません。

インプラントとCTの活用

インプラントによる治療に先立つ検査の段階では、CTが活用される機会も多くなっています。X線撮影は、体の内部を透過するX線を用いた撮影法で、歯の生え方やあごの骨の状態などを見る上でたいへん役立つものですが、どうしても特定のひとつの方法からのデータとなってしまいます。もしあらゆる方向からのデータが必要であれば、その数だけ撮影を受けなければならず、患者にとっても大きな負担です。インプラントの際にCTが活用できれば、従来に比べてより適切な診断と治療が可能となります。

京都 インプラントで安全で確実な治療を!
治療前はカウンセリングが大切です。こちらでは、不安を取り除き治療方法や費用などしっかりとした説明があります。

サロンとクリニックの情報